別の患者を殺害した罪 精神科に入院していた男に懲役18年を求刑 高松市(KSB瀬戸内海放送)

  • 2018.10.22 Monday
  • 11:29

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00010003-ksbv-l37

別の患者を殺害した罪 精神科に入院していた男に懲役18年を求刑 高松市(KSB瀬戸内海放送)

 

 去年10月、高松市の精神科病院に入院中の男が別の入院患者を殺害した罪に問われた裁判で、

検察は、男に懲役18年を求刑しました。

 起訴状などによりますと、高松市の精神科病院に入院していた田中信行被告(66)は、去年

10月2日未明、「殺人事件を起こせば病院を出られる」と考え、同じ病棟に入院していた男性

(当時77)の頭を消火器で30回殴り、殺害したとされています。

 

裁判では、被告の責任能力が争点になっています。

 

 検察側は、「被告は、死ぬまで居心地が悪い病院にいるよりは、10年程度、刑務所に入るほう

がいいなどと犯行のメリットとデメリットを検討していて、動機に病的な不可解さはない」と主

張し、懲役18年を求刑しました。

 一方、弁護側は、「動機には飛躍があり、アルコール依存による軽度の認知障害などで心神喪失

か耗弱状態だった」と主張しました。

 判決は10月24日に言い渡されます。

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    categories

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM