女性警視、「ちゃん」付けで精神疾患…セクハラ公務災害認定

  • 2018.09.24 Monday
  • 10:34

 

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00050005-yom-soci

同僚が女性警視に「ちゃん」付け…公務災害認定      (読売新聞)

9/23(日) 9:16配信

 

警察庁に勤務する40歳代の女性警視が、元同僚の男性警視のセクハラを受けて精神疾患

になったとして、同庁から国家公務員災害補償法に基づく公務災害として認定されていた

ことがわかった。国家公務員がセクハラによる疾患で公務災害認定されるケースは珍しい。

 女性警視は認定後の今年4月、精神的苦痛を受けたとして男性警視に損害賠償

を求めて東京地裁に提訴し、現在、審理が行われている。

 この訴訟に証拠提出された同庁や人事院の内部文書によると、男性警視は2014年、

関西地方の県警から同庁に転任し、女性警視と同じ部署に配置された。

 その後、女性警視が15年1月、「セクハラを受けている」と上司に申告。男性警視が

女性警視を「ちゃん」付けで呼んだり、酒席や職場で卑わいな言動を繰り返したりしたと

主張した。

 同庁は調査の結果、同年2月に男性警視によるセクハラがあったと認定。女性警視は同

年3月以降、極度のストレスで目まいをおこし、抑うつ状態などと診断されたが、同庁は

これについても「長期間のセクハラで強度の精神的負荷を受けたことが原因」と判断し、

人事院と協議の上、昨年3月に公務災害と認めた。

 一方、男性警視側は訴訟で、「ちゃん」付けで呼んだことは認めたが、「セクハラは

していない」として請求棄却を求め、セクハラを否定する元同僚の陳述書も証拠提出した。

 今回の認定について、警察庁は「個別の件には答えられない」としている。

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    categories

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM